ウエディングレポート

Wedding Report

#8

大好きな人達へ感謝を

Wedding Information

挙式日 2023.08.12
披露宴会場 ブリス
ゲスト人数 90

色々なご縁があり、ロイヤルセントヨークで結婚式を挙げることになりました。
プロポーズもロイヤルセントヨークのチャペルでしてもらい、今でもびっくりしてとても嬉しかったことを、鮮明に覚えています。
結婚式当日は、久しぶりに会う友人たちも多く、皆に会えることを楽しみにしていました。
結婚式は、今までお世話になった家族や友人、大切な方に感謝を伝えられる結婚式にしたいなと思っていました。
誰もかけることなく、皆に楽しんでもらいたいという気持ちがあったので、挙式は私たちの為に足を運んでくれたゲストに誓いを立てる人前挙式にしました。
まずは、新郎入場前に新郎母よりジャケットセレモニーをしてもらいました。母からの最後の身支度をしてもらった後、1人でバージンロードを歩き、新婦の入場を待ちました。
アイアンゲートの前で新婦母よりベールダウンをしてもらい、そのあと父とバージンロードを歩きました。
人前式は挙式の内容も自分たちらしくできるので、私たちは誓いの言葉を中学生時代の同級生で友人の4人から伝えてもらい、とても和やかな雰囲気で進行していきました。リングボーイも小さい子供にお手伝いしてもらう方が多いところを、同級生の友人にサプライズでお願いしました。
会場は盛り上がり、笑顔もあり、感動もある素敵な時間でした。
友人が運んでくれた指輪で指輪交換もし、ウエディングドロップスというゲスト参加型のオリジナル結婚証明をもとにみんなからの祝福をもらいました。
私たちと大切な方達と創り上げたたくさんの星が入った結婚証明は今でも宝物です。
パーティーは、楽しい時間をみんなと過ごしたいなという想いで、ダンスを友人と披露したり、ゲストと触れ合う時間も多くとりました。
ウエディングケーキも新郎新婦お互いに食べさせあいでファーストバイトをしながら、さらにゲストにもサプライズでサンクスバイトをしました。
また、パーティーの途中で、新婦からプランナーさんと最初の会場案内をしてくれたスタッフへお手紙とプレゼントも用意しました。2人とも急なサプライズにびっくりしていましたが、感動して涙を流してくれた表情をみて、本当にロイヤルセントヨークで結婚式を迎えられてよかったなと感じました。
結婚式終盤には、大好きな父と母へピアノの弾き語りをしました。
父も母も、ハンカチを持ちながら涙を流して喜んでくれて、あたたかく最後まで見守ってくれました。大好きなみんなに感謝を伝えられる結婚式が叶い、幸せな気持ちです。
両親へのありがとうの気持ちをのせて最後まであきらめず頑張って練習してよかったです。
最初からあっという間の楽しくて幸せいっぱいの素敵な1日でした。

フォトギャラリー

Photo Gallery

おすすめのフェア

Recommended Fair

プランのご紹介

Bridal Plan

おふたりだけの結婚式を

Wedding Report

#17

理想のアットホームウエディング

私たちは「アットホームでみんなが楽しめる結婚式にしたい」が一番の思いでした。 担当のプランナーさんはじめ、ロイヤルセントヨークのスタッフの方々が常に尽力をつくしてくださり、皆が笑顔になれる理想のあたたかい結婚式を挙げることができました。…

#16

上品な空間でゲストをおもてなし

当日天候にも恵まれ、自然光のたくさん入るステンドグラスの大聖堂で挙式を執り行いました。 挙式スタイルはキリスト挙式を選び、牧師の誓いの言葉や聖歌隊の歌声に包まれながら、しっかりと進行していきました。 新郎入場の際は、新郎母からジャケッ…

#15

大切なゲストへ感謝を届ける

私たちの結婚式のテーマが、 新郎新婦に注目するよりも式の進行内容はもちろんですが、会場の装花や小物にも注目してもらい、式全体が良かったと思ってもらえるよう 準備をしてきました! 招待状・席次表やウェルカムスペースのウェディングツリー…

#14

サプライズいっぱいのオリジナルウエディング

結婚式当日、少し緊張しているなか、自然光が差し込む真っ白なお部屋「花嫁挨拶室」にて 新郎から新婦へサプライズがありました。思いもよらない急なサプライズで、バラの花束と手紙をもらい驚きと嬉しい気持ちでいっぱいでした。 私も、新郎へミラー…